葬儀の知らせを受けたら

通夜・葬儀に参列するための準備の写真

通夜・葬儀に参列するための準備

葬儀の連絡があったら、まずは香典を用意しましょう。

香典は地域の慣習や個人との関係によって金額が異なります。

わからないかや不安な方は、インターネットで調べたり詳しい人に相談して金額を決めましょう。

本サイトでも香典の相場についてのページがありますのでご覧ください。

ご近所の方が家族葬で葬儀を済まされた場合、もしご自宅に伺いたければ、とりあえず香典は持っていきましょう。

家族葬の場合、香典を拒否されるケースがありますが、とりあえずは準備して伺うことが良いでしょう。その場で断られるは持ち帰れば良いだけの話です。

急な葬儀やお通夜の場合は、こちらの都合で間に合わないことも多々あります。

その場合、香典をどうするか迷うことがあれば、葬儀の後に、後日、お悔やみの手紙を添えてご自宅宛に香典を送ると良いでしょう。

お葬式に参列できないこと自体は失礼なことではないので、後日を送ると言う気遣いは良いことでしょう。

なお、できれば直接香典を手を出すのがマナーではありますが、遠方等の場合で都合がつかないこともあるでしょうから、風祝儀袋を現金書留で送付します。

この際、お悔やみの言葉と参列できなかったことのお詫びの言葉を添えると良いでしょう。

また、個人の名前しかわからない場合、故人の名前の横にご遺族様やご家族様と書いても良いでしょう。

葬儀を東京でするなら格安葬儀のグランドセレモニーがオススメです。
https://www.grandsougi.co.jp